スワップポイントとは


FXのスワップポイントとは通貨間の金利格差のことです。通常は預金していると利息が発生します。FXでも外貨ポジションを保持していると同じように外貨での利息が発生します。日本円だとほとんど預金に対して利息が付かない低金利状態ですが、外貨にすると外国の金利で利息が発生しますので日本円よりも高い金利を受け取ることができます。



FXではこのスワップポイントが毎日発生しており、毎日利益を得ることができます。通貨間の金利差が大きければ大きいほど大きな利益を得るチャンスになります。現在の日本の金利はほぼゼロに近いため金利による利益が全く期待できないものになりました。しかしFXでは金利の高い外貨を保持すると大きなスワップポイントを得ることが出来ます。このFXのスワップポイントは、FXの取引会社によって異なりますので、どの取引会社で口座を開設するかが重要になります。時期や期間によってもFXのスワップポイントは変わってきますので、取引時期に適切な外貨を選択して、スワップポイントを見極めた取引を行いましょう。

関連記事


スワップ金利でお金を増やす?

これは、取引をする通貨の金利差のことです。 例えば、金利3%の国の通貨と0.1%の国の通貨で取引をする場合、差である2.9%がスワップ金利となります。 お金...


AX